相続税の申告や相続対策などは税理士に相談してみよう! | 相続税対策 って難しい?税理士編

menu

相続税の申告や相続対策などは税理士に相談してみよう!

被相続人となる親が急に亡くなってしまったとき悲しみに暮れ、その悲しみからなかなか立ち直れない人もいるでしょう。
しかし、被相続人が亡くなったと同時に、財産を相続する話が浮上してしまいます。
財産の相続については最初何もわからなかったという人が多いので、相続税の専門家である税理士に依頼をして計算方法や対策の仕方について聞いたほうがいいでしょう。

▼ 目次

相続税の申告について相談してみよう!

相続税の申告をする前に、相続する財産の総計算や基礎控除などを計算しなければならないため、計算方法が分からない、基礎控除って何なのと思う人もいるでしょう。
財産の総計算をするときは不動産や現金、預貯金などの価値のあるものを計算していきます。
総財産が分かった時点で、財産から基礎控除額を引いた金額に税金がかかってしまいます。
相続税は額に応じて相続税を支払わなくてもいい人がいます。
総財産に何が入るか分からない、計算方法が分からないという人は専門家に相談して行ってもらいましょう。

税理士なら相続対策についてもアドバイスをくれる?

税理士に相続税についての相談をすると、相続税対策のアドバイスをくれることもあります。
しかし、話をしていてもなかなか相続税対策の話をしてくれないなと思う場合は、自分から「相続税対策の仕方ってどうしたらいいですか?」と聞いてみた方がいいでしょう。
弁護士や行政書士などに相続についてのアドバイスを求める場合は民法に基づき、家族の気持ちを優先させた分割によって相続する金額を決めてたほうがいいと言われることが多いです。
しかし、税理士に相談をすると家族の気持ちを優先させた分割ではなく、相続税対策としてみんなの相続税が高くならないように分割するやり方を教えてもらえますよ。

税理士に相続税の申告を相談すると手順を教えてもらえる!

被相続人が亡くなり財産がどれだけあるかの計算が出来たら、相談していた税理士に相続税の申告の仕方を聞いてみたほうがいいと思います。
税理士に相続税の申告について相談をすることで、一連の流れや手順、必要な書類等を教えてもらうことができるでしょう。
また、手順などを聞き自分では申告を行うのが出来なさそうだと感じた場合は、そのまま税理士に相続税の申告を代理として行ってもらうことも出来ますよ。

相続税の申告義務があるかをどうやって調べるの?

自分に相続税の申告義務があるかどうかを調べるには、財産が基礎控除額を超えている場合は申告義務があります。
しかし、財産が基礎控除額を超えていない場合は申告義務はないとされているのですが、申告義務がない人の中には申告をしなかったことにより、支払わなくてもよかった税金を払う羽目になってしまうケースもあります。
申告義務があるかないかは自分で判断をするよりも、専門家である税理士に相談して相続税の申告をしたほうがいいのかを聞いてみましょう。

相続放棄についても税理士に聞いてみよう!

相続税の専門家である税理士では、相続放棄についても詳しく教えてもらうことが出来ます。
相続放棄を行える期限や申告の仕方、必要書類やどこで相続放棄を行うのかなどについて教えてもらえるでしょう。
また、とても親切な税理士の人であれば、相続放棄申述書についての書き方も教えてくれるので、税理士に相談をしているときに相続放棄申述書を書くのもおすすめですよ。

相続税についての申告は自分で行うのが難しい!

相続税についての申告を行う際は、相続税対策で必要な書類、相続税の申告で必要な書類が異なるので、自分で行うのは難しいとされています。
税理士に相談をすれば税理士が行えないことであっても、アドバイスをくれたり、必要な書類の集め方などを教えてもらうことが出来ますよ。

相続税について依頼したいときの税理士に対する注意点

相続税について税理士に相談をしたいと思う人は多いかもしれませんが、税理士のみんなが皆相続税に詳しいわけではありません。
注意点としては相続税に詳しくない税理士に依頼をしてしまった場合、不動産の現地調査をしてくれなかったり、税理士の資格を持っていない人が対応するケースなどが多いことろです。
税理士を選ぶときは相続税に強い人や事務所を選んだほうがいいでしょう。
探しかたとしてはホームページなどで確認をして、相続税に強い事務所を探したほうがいいと思います。

相続税について税理士にお願いしたときの費用

相続税の件で税理士に調査や申告などを依頼する場合は、費用としていくらくらいかかるのでしょうか。
中には、費用がもったいないとして、安い税理士に依頼するケースもあるのですが、安さだけで決めてしまうと不動産の現地調査を行ってくれなかったりすることもあるので注意しましょう。
税理士にお願いをしたときの費用の相場は、大体財産の0.5%〜1.0%だと言われています。
税理士に依頼をする人の中には、友達の紹介で利用することにしたという人もいるようですが、自分との相性が合うあわないがあるので、実際に合ってみて信頼できると感じたり、自分と合いそうだと感じたときに相続税についての相談や依頼をお願いするようにしましょう。

新着情報

相続税の申告は友人から紹介してもらった税理士でも安心できない

相続税の申告や相続税対策、相続放棄などを税理士に相談したいとき、どうやって税理士を探せばいいのか困っている人は多いと思います。
よく聞く話では、友人や会社の仲間など知り合いに税理士事務所を紹介してもらい、税理士を利用したという人が多いようです。
『相続税の申告は友人から紹介してもらった税理士でも安心できない』 の続きを見る

相続税の申告を税理士に依頼するときの費用

相続税について税理士に依頼をするときは、税理士の相場が分からず安ければ安いほうがいいということで費用が安い税理士事務所に飛びついてしまうこともあります。
しかし、費用だけで税理士事務所を選んでしまうと、しっかりと対策を行ってくれないことで納税額が高くなってしまうこともあるので注意しましょう。
『相続税の申告を税理士に依頼するときの費用』 の続きを見る

相続税の申告をするときの注意点!税理士には経験豊富じゃない人もいる?

相続税の申告を行うときは、面倒な手間を減らすためにも税理士に依頼をしたほうがいいと言われています。
しかし、どんな事務所に依頼をしたらいいのか分からないということで、費用の安いところにお願いをしてしまう人もいます。
費用で選んでしまうと納税額が減らせなかったりすることもあるので注意しましょう。
『相続税の申告をするときの注意点!税理士には経験豊富じゃない人もいる?』 の続きを見る

相続税の申告を自分で行うのは難しい!?税理士に依頼してみよう

相続税の申告は自分で行えないわけではないのですが、自分で全ての手続きを完了させようと考えるとかなりの時間がかかってしまうと言われています。
というのも、専門家である税理士が相続税の申告をするにしても、400時間余りはかかってしまうと言われていて、相続税の申告で分からないことがある人の場合では、倍以上の時間がかかってしまうことも予想され、書類を集めることや作成が難しいのではないかとも言われています。
『相続税の申告を自分で行うのは難しい!?税理士に依頼してみよう』 の続きを見る

相続放棄に関しては税理士に相談をしてみよう!

被相続人から財産を相続する話が来たとき、身内で金銭的なトラブルが起こることを考えてしまう人も多いです。
身内で金銭的なトラブルが起きてしまうと、家族としての絆がなくなってしまうと考える人も少なくありません。
財産の相続では分割でもめないようにすることが大切だと言われています。
『相続放棄に関しては税理士に相談をしてみよう!』 の続きを見る